キュートメーターCutometer CT580

皮膚粘弾性測定[プローブ]
型番
"CT580MP -2・4・6・8"
メーカー
Courage+Khazaka

皮膚粘弾性(はり)測定Cutometerを使用するためにプローブの開口部から陰圧で皮膚を吸引/陰圧解除し皮膚の変位を計測。Cutometer MPA580 DUALに接続して使用します。
皮膚の弾力計測に多数使用されています。

特長

測定原理

陰圧により、プローブ先端の開口部から皮膚を一定時間吸引し、その後、陰圧解除します。開口部に配置されたプリズムを用いて皮膚の変位をモニタリングします。計測後、皮膚の状態を示す複数のパラメーターが計算されます。

 

 

プローブ径

プローブ測定開口部:2mm(標準)・4mm・6mm・8mmがございます。

径が大きくなるほど皮膚深部の影響が強くなります。

 

波形の見方と計測パラメーター

物性には粘性(ホイップクリームのようにゆっくりと変形する性質)と弾性(膨らませた風船のように瞬時に変形する性質)という性質があり、皮膚は粘性と弾性を合わせ持った粘弾性と言われています。Cutometerの計測で得られる波形から粘性特性部、弾性特性部を定義し、その変位量・変位量の比から皮膚の力学特性を算出します。

R0 =  Uf

R1 =  Uf – Ua

R2 =  Ua/Uf

R3=最後の波形の高さ

R4=最後の波形の戻らなかった部分

R5 =  Ur/Ue

R6 =  Uv/Ue

R7 =  Ur/Uf

R8 =  Ua

R9=最後と最初の波形の高さの差

R10=最初と最後の波形の戻りの差

 

適用例

  • 皮膚の弾力性評価に
  • スキンケア化粧品の有効性評価に
  • 機能性食品、サプリメント摂取による“はり”の改善評価に
  • 美容施術などによる“はり”の改善の確認に
  • エイジング評価に
  • たるみ、硬さ評価に
  • マッサージによる皮膚のむくみ改善評価に
  • 瘢痕の評価に
  • 浮腫(むくみ)
  • 弾力計測に

計測時の注意点

Cutometer MPA580(DUALを含む)はノイズが発生しにくくなるよう3ピンの電源ケーブルの使用を想定して設計されています。

図1のような波形が見られた場合は電源の供給が壁から直接3ピンで行われているかご確認ください。

データの再現性の向上、データの改善・変化を捉えやすくするために、納品時の3ピンの電源ケーブルを使用しての計測をお願い致します。テーブルタップを使用する際も3ピンにてお願い致します。

【図1】3→2ピン変換器使用時
【図2】3ピンのまま使用

 

 

Cutometerを使用した文献リスト

キュートメーター文献はこちら

お問合せ

製品についてのご質問、セミナー等へのご参加など、お気軽にお問合せください。
電話受付時間:平日 9時〜16時30分

TEL:03-6417-0810 お問合せフォーム